top of page

リズムは上下じゃなくて立体なんだ

更新日:2022年1月12日

※このブログで紹介しているメソッドは基本的に尾飛良幸オリジナルです。 こんにちは。


僕ね昔、すごくリズム感悪かったんです。

音楽にあわして、ぴったりとかっこいいリズムで歌うことができなかった。


それがすごく嫌だったので、どうやったら治せるかと、いろんな人に聞いたり、リズム感が良くなる方法を調べたりたくさんしましたが、どうやっても効果的な方法が見つからなかったんですね。





そこである時、ヒップホップの曲をスタジオで大音量でかけながら、足をサイドステップで踏み、2拍目と4拍目で手拍子をすると言う、とてもシンプルな練習を一日2時間、毎日続けてみたんです。


最初の3日間は「リズムに合わせる」と言う感覚すら全くわからなかったんですが、4日目にちょっと音楽が聞こえやすくなってきた感覚があり、5日目以降には音楽につき動かされて、自然と体が動き出す感覚がわかってきたんですね。


その後も続けてみると、音楽が右のスピーカーと左のスピーカーから出てくると言う「左右の音の感覚」ではなく、リズムに前や後があったり、上があったり下があったりと、すごく立体的に感じるようになったんです。



その感覚を感じた上で、歌を歌ってみたら、今までと全く違う感覚で、カラオケが聞こえるようになり、歌もすごく歌いやすくなってびっくりしたんです!


特に息継ぎのタイミングが、すごくそれまでと大きく変わって、簡単に吸えるようになりました。

このリズム感を体感した経験が、私にとってすごい 大きな変化のきっかけになりましたね。


それ以来、音楽もリズムを意識して自然に聴けるようになりましたし、リズムがわかると、音楽の聞こえ方や楽しみ方も全く違うレベルでできるようになって、すごく楽しくなりました!


 

じゃあ、その練習で、何が今までと違ったのかな?と振り返ってみたんですね。


それは、今の現代ポップスのリズムが、アフリカの黒人さんが持っている伝統的なリズムの取り方を基本にしているんだと言うことに「気づいているか」「いないか」と言う事だったんだなぁと思ったんです。


そこで、アフリカの黒人さんが歌を歌いながらダンスしている動画を、たくさん探してみました。





そしたら驚いたことに、僕らが普通手拍子をする であろう早さよりも、倍の速さで手を叩いているんです。


それじゃあって思って、自分でもいつも手拍子てしている早さの倍の速さで手を叩きながら、音楽を聞いたり歌ってみたりしたんですよ。




そしたら!全然今までと違う!!

感覚だけじゃなくて、聞こえてくる曲の感じまで違う!


私は、そんな印象を受け、感動したのを今でもよく覚えてます


「リズムは難しいもの」って思う方、多いと思います。

私もその1人だったので、すごくよくわかりますが、コツさえつかめれば、必ずリズムは理解できますので、ぜひ楽しくトライしてみてくださいね。


声や歌に興味ある人、ボイトレ体験コースをクリック!




それでは、今日も遊び心と正しいフォームで、豊かで楽しい音楽ライフな1日を!


尾飛良幸の


閲覧数:902回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page