top of page

「影武者」都市伝説

以前業界関係者で「エンターテイメントは夢を売る仕事だから、嘘でもみんなが喜べが良いんですよ」と言ってた方がいました。


「目的達成」と考えれば、それはそれで良いんだと思うんですが、なんだか腑に落ちない。


確かにね、今でも私も自分の歌を録音した後に、音程やリズムを機械で直して、綺麗に整えたりしてますから、それもある意味「嘘」ですよね。

だって「生そのもの」ではないですから。

ちなみに今どのくらい歌が機械で上手にできるかは、こちらのブログに書いてみました



まあ、捉え方によっては「お化粧」という感じなのかもしれませんね。


でもそれはライブで聞けば「今までのあれは、機械で上手にしてたんだな」ってばれますから、そういう意味でも、ライブで上手に歌えるように、日々練習は続けないといけないなと思うんですよね。


 

以前ネットかどこかで、某有名アーティストのコンサートで「影武者がいる」というのを読んだことがあります。

本当かどうかはわかりませんが、ちょっと驚きました。


アリーナライブで、ステージで歌っているように見えているのは、実は特殊メイクをした影武者だというのです。

その時に大スクリーンに映し出されているアーティストの映像は、リハーサルで収録したものを流していると。歌も、事前に録音されたもの。


その間、アーティストは楽屋で休息と次の着替えをし、スタンバイ。

そして、次の曲になったら、違う場所から突然現れて、ファンはびっくり!

ということなのだそうです。


そんなことあるのかなあ〜と思うのですが、先ほどの関係者が言っていた「エンターテイメントは夢を売る仕事だから、嘘でもみんなが喜べが良いんですよ」という言葉が、ふと頭をよぎりました。


これも捉え方によっては「お化粧」のようなものなのでしょうか。

個人的は、ちょっとここまでくると違うんじゃないかなと、何か違和感を感じています。


 

今、世の中では「まるでうまくいっているように、見せかけだけで誤魔化していたものが、どんどんと崩壊している」と、色々な方面で耳にします。


音楽業界は、どうなのでしょうか。

ある意味「見た目が命」みたいな部分もあるので、どこか何かが崩壊する部分が出てくるのでしょうか。


もしそうならば、ますます「本当の実力」が問われる時代になるわけですので、なおさら私たち表現する側の人は、努力しなくては!

頑張ります。



歌のトレーニングをしたい人はこちらもご覧くださいね。




閲覧数:52回0件のコメント
bottom of page