top of page

イベント成功のポイント

今日は世間が騒がしい日ですね。


音楽イベントを数百回やってきた経験で「これ、誰に確認すればいいの?!」って状態になると、イベントは大混乱。

雰囲気は最悪。


そして、起こることは、、、、

「出演者の不機嫌そうな顔」と「お客さんの不満足」そして「事故」




 


そうならないために私がずっと心掛けてきたことは

・当日のタイムテーブル

・当日までのタイムテーブル

と言う2つを「関係する全員」ごとに作ること。です。



これをしておくと、各自が自分がいつどこで何をすればいいか、を「誰か」の指示を待つことなく、自分の意思で行動できるようになります。



同時に指示を出す側は、もう指示を出し終わっているのと同じなので、基本的に何もすることがない。

と言うことは、問題が起こっても、とても冷静に事態を把握することができ、同時に指示も早い。


突然の「人事異動」が起こっても、タイムテーブルで「人」が変わるだけなので、問題が起こりにくい。

イベント中、何も事故が起こらないので「次回は、もっとこうしたら楽しいな」とか、次のアイディアまで考えられる。


 


でもね、この考えに至るまで、もうさあ、何回大失敗したか!!!


本当にあの時は、みなさんご迷惑をおかけして、ごめんなさい!!



と言うところで、早くまたリアルの音楽イベントで、みんなと会いたいなあ〜

だから、絶対「生きて」来年を迎えるんだ!

みんなもね!!


自己免疫力上げるぞ〜〜!!!


今日も、遊び心と正しいフォームで、豊かで楽しい音楽ライフな1日を!



<お知らせ>

8月8日 20:30 尾飛良幸オンライLive

ぜひみにきてください!チケットはこちら!



閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自己虐待と自分の価値

ここ最近、自己虐待と自分の価値について、感じたりお話ししたりすることがあり、自分の考えをまとめておこうと思います。 歌の練習をしていると、自分の声の出なさ加減にほとほと嫌気がさして「なんでいい声が出て歌が上手に歌える体じゃないんだろう」と自分に憤りを感じることが多々あります...

bottom of page