top of page

【ガラクタブランドでいいじゃないか】

実は、私が曲を作ったり、歌を歌うときいつも「こんなんじゃダメだな」って思います。

どんなにコンペで曲が採用されても、歌をどれだけ練習しても、その思いがなくなることはありません。


もちろん昔のように「自己虐待」をすることが、無くなったのは、年の功だと思います^^



それにしても、歌でも曲でも、出来上がるものは自分の中では「ガラクタ」ばかり。

心の中では『ガラクタを渡してしまって、申し訳ない』と思っていることも多いです。


私がよく「いい曲できました」「今日はいい歌歌えました」と口に出して言うのは、自分の先入観での「所詮ガラクタだな」という思いを打ち消す『呪文』みたいなものだったりもします。


それでも、そんな「ガラクタ」でも、自分ではその時最も悩みながら、勉強しながら、精一杯です。

とても情熱を持って、丁寧に作ったり歌ったりしていることは、間違いありません。


だから例え「ガラクタ」だったとしても、自分の中では大切な大切な「宝物」なんです。

どの「ガラクタ」も、大好きな宝物。




 

そこでね、面白いことがあるんです。

自分が「ガラクタでも宝物」と思っているものでも、受け取ってくれた方の「心」が「宝石」に変えてくれることがあるんです。


宝物が、宝石に変わる瞬間です。

その時は、渡した私もびっくりするくらい、その歌や曲が、輝き始めてくれる。

その時に本当に「お渡しできてよかった!!」と心の底から感謝できます。



 

「そんなガラクタばかり作って、どうなるの?」という時期もありました。

でもね、その数が多くなると、それは「ブランド」になってくれるんだなあ。と言うのが今の実感。


「尾飛さんらしいですねえ」って言ってもらえると、それは一つの独自性があるブランドとして、認識してもらえてるんだな、と嬉しく思います。

逆に「これが『ワンパターン』に陥らないように気をつけよう」とも思います。


そう考えると、やっぱり思いとしては


諦めずに作ってみて!

諦めずに歌ってみて!


ということに、行き着くわけです。


才能なくてもいいじゃないか! その時その時で、悩みながら、勉強しながら、精一杯!

情熱を持って、丁寧にやればいいじゃないか!

それは必ず、誰かの心に届くから。

そして必ず、自分の「自信」に変わるから。


今日も、遊び心と正しいフォームで豊かで、楽しい音楽ライフな1日を!



 

【音楽制作アプリ「GarageBand」セミナー開催中!】

誰でも1日でオリジナル曲ができて、とっても楽しいセミナーなので、ぜひ参加してくださいね。




閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自己虐待と自分の価値

ここ最近、自己虐待と自分の価値について、感じたりお話ししたりすることがあり、自分の考えをまとめておこうと思います。 歌の練習をしていると、自分の声の出なさ加減にほとほと嫌気がさして「なんでいい声が出て歌が上手に歌える体じゃないんだろう」と自分に憤りを感じることが多々あります...

bottom of page