top of page

プロになれる方法は?(ライブのお知らせもあります)

こんにちは。 8月8日に、YouTubeライブでまた「尾飛良幸Live Station8月号」ソロライブをします。

今回も楽しいライブなので、絶対聴きに来てね!



 

私が、ステージで初めて歌を歌ったのは、中学3年生の町内の夏祭りでした。

軽トラックの荷台に、バンドメンバーの楽器を乗せて、私は3曲ぐらい歌ったと思います。


はじめてのステージで、すごく緊張したのを覚えてます。 ステージが野外だったので、町内に鳴り響く自分の声が、とても恥ずかしかったですね。

でも、なんだかとても楽しく気持ちが良いな、と思ったのも確かでした。

※写真はイメージです



そしてその秋に、中学校の文化祭があり、バンドでステージに立つことになりました。

そのリハーサルで歌を歌ったところ、先生から『歌が下手なので、本番は「歌なし」でいきましょう』と言われました。

結果的に本番は、簡単な鍵盤を弾くだけで、歌は歌えませんでした。



高校に入ってバンド活動が続き、同時に合唱部にも所属しました。

朝から晩まで、歌を歌い続ける毎日が続き、高校3年生のときには、バンドコンテストで全国大会に出たり、合唱コンクールでは県大会で優勝もしました。


バンドでの最終大会の会場は「横浜スタジアム」で、2万5000人のお客さんの前で、歌を歌う機会をいただきました。

思えば、私の人生で一番大人数の前で歌を歌ったのは その時でしたね。


※写真はイメージです



 

その後も、歌は続けてましたが、あまりに表現力がないため『ロボットボイス』と呼ばれたり、偶然出会ったプロミュージシャンからは『才能がないから、歌は諦めろ』と言われたり、20代の半ば過ぎまでは、かなりケチョンケチョンに自分の才能を、否定された毎日でした。


それでもなぜか、歌を歌う場所は用意してもらえたことが多く、日本青年館で歌ってみたり、厚生年金会館で歌わせてもらってみたり、Zepp Tokyoで歌ってみたりと、いわゆるホールで歌う機会が多い20代でした。


※写真はイメージです

 

しかしその後、私が歌うときのお客さんの人数はどんどん少なくなり、300人のホールワンマンを最後に、ホールでのステージはなくなり、50人規模のライブハウスで定期的に歌を歌った後は、ほとんど聞く耳を持ってくれないレストランのお客さんの前で、歌を歌うなどし続けてきたなぁ、と今思い返しております。


まぁ「才能がない」と言われ続けていたので、そんな大人数の前で歌える才能もないんだろうなぁ、なんて、心の中では思ったりしていましたね。





そして、ここにきてコロナがやってきました。

もうもはや、お客さんの前に立つことすら、できなくなってしまいました。


でも、ほんとにほんとにありがたいことに、そんな私の歌でも聞きたいと言っていただく方がいらっしゃり、そんな期待に少しでもお答えできればと思って、今年5月の誕生日にオンラインのライブをやってみました。




もう目の前に、お客さんは誰もいません。

私はたった1人で、小さな部屋の中で一生懸命歌を歌うだけです。


 


でも、 でもですよ、ネットを通じて20人の方が私の歌を楽しんでくれました。

「なんだたった20人かよ」と思う方もいるでしょう。



はい。20人です。


しかし、私にとっては「たった20人」ではなく

「20人もの方々」なんです!


だって、本当にこれまで何度も、諦めろと言われてきたんですから。



今はこうして、小さな部屋でたった1人で歌を歌うことになってしまいましたが、ここまで何もなくなってみて初めて『あきらめなくて、よかった』と心の底から思ったんです。


歌のレッスンで生徒さんから「どうやったらプロになれますか?」という質問がよくあります。

私はその度に「やめないこと」と伝えてきました。


それは同時に、自分自身にも言い聞かせてきたんだな、と思っています。


※写真は20代半ばの尾飛良幸


 

爆発的に売れることもないし、2万5000人のお客さんの前で、また歌えることもあれからなかったけど、それでも私の歌を、少しでも待ってくれている人がいるんだということが、私にとって大きな誇りになりました。


本当にありがとうございます。



大きな『見栄えの良い結果』ではなく、小さいながらも心温まる歌が歌え、それを聞いてくれる人が集まる場を、育てていければいいなと思っています。


8月8日は、 前半がトークライブ、ゲストの藤野櫻子を挟みまして、後半はこれまでのオリジナル曲によるライブとなってます。


※写真は藤野櫻子


今後は毎月定期的にこのライブを開催していく予定です。



これまでの、自分の経験やできる限りの能力で、楽しいステージを作りたいと思っていますので、お時間ある方は下記の「尾飛良幸Live Station8月号」詳細ページを、ぜひご覧になってください。


当日、画面越しではありますが、皆さんにお会いできるのを、本当に楽しみにしています


今日も、遊び心と正しいフォームで豊かで、楽しい音楽ライフな1日を!



尾飛良幸の





閲覧数:150回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page