top of page

歌が格段に上達するおかしな人たち

更新日:2022年4月24日

※このブログで紹介しているメソッドは基本的に尾飛良幸オリジナルです。


歌のレッスンで、より早く良い結果を出す方法の1つに「テンションの高さ」があります。


歌は、自分の中側から「想い」を相手に届ける作業なので、かなり勇気が要ります。

なのでそれは、ある一定のテンションと思い切りの良さを持って「エイ!!ヤー!!」と表現する必要があります。


例えば「声を大きく出してみましょう」と先生に言われた場合、自分で大きく出しているつもりなのに「もっと大きく出して!」と言われてしまう人がいます。

歌では、普段の自分が感じている大きさよりも、数段大きくやらないと、相手には変化したと、感じてもらえないことが多いです。


なので「大きく声を出してみて」と言われた時は「今までの人生で1度も出したことがない位の大きい声を出そう!」と思って勇気を持って出してみると「大きく声が出たね」と言ってもらえます。

そのぐらい、大げさにやってみることが、大きな変化を生む「良いやり方」だと私は思います。



歌を歌う人たちが集まると、非常にうるさいです。

みんな一人一人が、ほんとに自由に大きな表現をして喋ります。


そのほうが、自分の気持ちも相手にすぐ届けることができるし、受け取る側も相手の気持ちを、とても簡単に理解することができます。

同時に声も大きいので、聞き返すことも、聞き返されることも、全くありません。

非常に話がスムーズです。


歌のレッスンを、受けたことがある人は「先生、いつもテンション高いなぁ」と感じた事ありませんか?

つまり、そのテンションの高さを持つことが「歌が上達するポイント」と言うことなんです。


ちょっと、おかしな人のように見えるかもしれません。

私も含め、ちょっとおかしな人も、結構います(笑)


でも、そのテンションの高さが、多くの人に「勇気」や「希望」「夢」を届ける歌声を作り出しているんです。


ぜひ歌を練習する時は、先生たちのあの「おかしなハイテンション」を見習って、ご自身も楽しく高いテンションで、練習をしてみて下さいね。



<尾飛良幸の体験レッスン募集中です>



閲覧数:82回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page