top of page

夢を現実にする方法

更新日:2023年9月14日

こんにちは。尾飛良幸です。


先日、突然に気晴らしと気分転換で名古屋に行ってきました。

ふとした思いつきの旅が、私にとって人生の転換とも言えるほど、過去の自分と向き合い、過去を清算する貴重で特別なものになりました。


およそ25年前、私は名古屋で5年間にわたり、シンガーとシンガーソングライターの講師としてレッスンすることになりましたが、今振り返ると、その時の環境や自分自身の状況は、非常に苦しいものでした。


その時の名古屋での思い出は、今でも鮮明に残っています。

あの頃に抱いていた日々の恐怖や未来への不安を思い出しつつ、現在の自分の状況と照らし合わせた時に、当時叶えたいと思っていた「夢」が、今まさに手の中にあることに気づきました。


そしてその人生の歩みの中で、私がどのようにしてその「夢」を現実にすることができたかを、振り返りつつもここに書いてみたいと思います。

名古屋城
自転車を借りて名古屋城まで行ってみました

皆さんも何らかの、将来の夢や目標を持っているのではないでしょうか。


しかし、その夢や目標を「きっと叶わないだろう」と知らず知らずのうちに、自分から遠くに置いてしまっていませんか?


私もそうでした。「僕は夢から遠く離れたところにいる」と信じ込んでいました。

でも、実際に叶った時は「やった叶ったぞ!」でなく「あれ?もうこれって叶ったってことじゃないか?」と自分の近くや自分の手元にあることすら気づかないくらい、さりげなく達成しているのです。 例えばそれは歌のレッスンをしていても、よくある現象です。

『高い声を出したい!』と思う人は多いですよね。

高い声を出すためには様々な練習が必要ですが、その中で「空気を下に下げて送り出す(アタリを下げる)」という練習があります。この練習をすると、不思議なことにカラオケが低く聞こえてくることが多々あります。

生徒さんも歌い終わった後に「今、カラオケのキーを下げましたか?」と聞いてきたりします。

どうしてか聞いてみると「いつも大変だった高音が、全然苦しくなく、楽々出てしまったので」と答えてくれます。つまり、自分では頑張らなくても、実際にいつもは大変だった高音が出るようになっていると言うことです。

私もその経験があり、それにより高音が出るようになっていきました。

「いつか出るようになったらいいな」と思っていた高音が、突然自分の手元にあるのを見つけてしまうような感覚です。



また別の例では、歌のリズムがあります。

テンポが速い曲では、リズムに追いつず、発音が間に合わない!と感じることがあります。

40代を過ぎた頃から、若い世代の歌が歌えなくなる状況も、それと同じです。


でも一緒にリズム練習してみると、実際には思っていたよりも全然早い曲ではなく、実はゆっくりな曲だったりするんです。事実、テンポの速い歌だとしても、実際私たちが話している話し言葉の速さの1/3くらいの速さしか、歌の歌詞は発音してないんです。

自分が想像で思っている「速い」と言う感覚と、実際の現実が異なっているわけですね。

なので、これも実際の速さを知ってしまえば「なんだ、焦らなくてもリズムに追いつけるじゃないか」と、すぐにできるようになります。



以前「象と象使いの話」を聞いたことがあります。

象は小さな頃から鎖に繋がれ、鞭で調教されていると「自分はここから逃げられない」と思い込んでしまいます。象が成長し大人になると、本来ならば象がちょっと力を出せば、鎖はすぐに抜けるほどになります。

それにもかかわらず、象は逃げないのです。

実際には逃げることができるのに、過去の経験が象を「ここからは逃げられない」と心と体を縛ってしまうのです。



この様に、私たちは「過去の経験」や「これまでの教育」によって、自分でできないと思い込んでいることが、実はできることが多いのです。

そしてそれは、その夢や目標が大きければ大きいほど、叶えたければ叶えたいほど、夢を大切に思えば思うほど、「絶対に無理!」と自分との距離を遠くに置いてしまいます。



自分の思い込みは、事実や現実と異なります。


夢が遠くにあるように感じたとしても、現実は私たちが思っているよりも簡単で、実はすぐ手に入れることができるかもしれません。


私が今回名古屋に行き、かつて自分がレッスンをしていたスタジオのあるビルの前に立ち、あの頃この場所にいた自分を思い出しました。


そして自分に声をかけてみました。


「あなたが今思っている未来は、そう遠くない将来に、あなたは実現させているよ。それは、『できないに違いない』と信じて疑わなかった思い込みを否定し、あなたが『もしかしたら、できるかも』と、自分の可能性を信じた時から、現実になっていったんだよ」



名古屋での経験を通じて、私はこれを痛感しました。

達成できるかどうか不安に思っていた遠い未来のことが、実はすぐそばにあったのです。



もし今、あなたが解決したいことや手に入れたいものがある場合、ぜひ最初から「難しいことだ」と自分から夢を遠ざけず、「実は簡単かもしれない」「本当はすぐにできるようになるのかもしれない」と考えてみてください。

そして、その夢がどのように叶っていくのかを、まるでゲームを楽しむように挑戦してください。


全ての能力、才能、環境、知識、人間関係などなど、いま目に見えてなくても、もうすでに手元にあるかもしれないですよ。 まさに今、みんながお互いを理解し認め合い、まるで素敵な音楽のような、美しく豊かな新しい世の中に、変えていかなくてはいけないんです。

今日もあなたの1日が素晴らしい日になりますように、お祈りしています。

楽しい音楽ライフをお過ごしくださいね。



奇跡は何度でも起きる!You'll never walk alone




【ご協力ご支援のお願い】

尾飛良幸をはじめ、弊社音楽活動をより加速させるため、「寄付」「ボランタリーペイメント」でのご支援で、あなたの力を貸して頂けませんか?





***

【動画教材【動画教材】誰でもできるGarageBand」発売中】 iPhoneに搭載されている音楽ソフト「ガレージバンド」の使い方をわかりやすく解説した動画教材です。このアプリは無料で使えるのに、とても優れた音楽ソフトなんですよ。でも、使い方がわからずにアプリを閉じてしまう人が多いんです。だから、3時間5分にわたる教材を作成しました。これを見ればすぐに使い方が分かります!



【歌の「姿勢」をより詳しく解説しています】


【発声練習音源、好評発売中】



【尾飛良幸のオリジナル聴いてね】


【なんでも気軽にご相談ください】



尾飛良幸のSNSフォローお願いします



♪このページの一番したから、メルマガ登録お願いします

閲覧数:88回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page