top of page

腹式呼吸の前に意識すること

※このブログで紹介しているメソッドは基本的に尾飛良幸オリジナルです。


こんにちは、尾飛良幸です。

今回は歌のパフォーマンスを上げるために非常に重要な「腹式呼吸」について改めて解説していきたいと思います。


腹式呼吸をする男性

まず、「腹式呼吸」とは何か、それを理解することが大切です。


「お腹を膨らませれば腹式呼吸になる」と思っている人が非常に多いのですが、実はそれは完全な理解ではありません。

確かに 結果的にお腹は膨らみますが、お腹だけではなく、ウェスト周り全体が広がっていくのが腹式呼吸です。


呼吸は、酸素を取り入れ、二酸化炭素を排出するための大切な過程で、体内の様々な部位が協力して行われます。

特に、腹式呼吸とは、 肺の下側を中心に呼吸をする形式のことを指します。


肺は「上部」と「下部」に分けてあると理解する方が、歌での呼吸を学ぶのにとても理解がしやすいんですね。

肺の上部を使うのが胸式呼吸、下部を使うのが腹式呼吸と言う事ですね。



腹式呼吸と胸式呼吸の解説図


胸式呼吸と腹式呼吸の両方を使う呼吸を『全肺呼吸』といいます。

基本的な練習としては、この全肺呼吸をしっかりしてから、肺の下部の空気だけを使って呼吸をすることで、腹式呼吸を身に付けることができると考えています。


具体的な練習方法は、このブログで一つ一つお伝えしていきますね。

呼吸法の訓練は、毎日少しずつでも続けることが大切です。「短期間で結果を出す」よりも、「長期的に身につける」ことを目指しましょう。

技術力の練習は、コツではなく繰り返しの習慣によって、体に自然と染み付いていくものになりますね。


呼吸は歌唱の基礎です。

より深く理解し、日々の練習に活かすことで、声そのものの能力を格段に上げることが可能です。その結果、自分にもともと備わっている素晴らしい声の魅力を開花させることができます。


まずは息を大きく呼吸し、日常生活の中でも、全肺呼吸が習慣付くように意識をしてみてください。

 


【たった6分で声が変わる、魔法の発声練習「ボイトレ マジック」 】 声を良くしたい!ボイトレ興味がある!という方 私が30年培ってきた経験から生まれた『ボーカル発声練習集』発売中。 商品詳細はこちらです



♪尾飛良幸の






♪このページの一番したから、メルマガ登録お願いします



閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page