top of page

不安と混乱の混沌とした今を乗り越える尾飛の解決方法

更新日:2022年9月21日


自分の意見を言えば、怒られる

自分の意見を言わないと、怒られる


薬を打ったら、死ぬ

薬を打たなきゃ、死ぬ


要請を受け入れれば、活動できない

要請を拒否すれば、活動できない


そのお金を払うと、生きれない

そのお金を払わないと、生きれない


戦えば、殺される

戦わなかったら、殺される


お金を借りなきゃ、返せない

お金を借りたら、返せない


賛成すれば、非難される

反対すれば、非難される


マスクつけないと、病気になる

マスクつければ、病気になる


活動をやめたら、暮らせない

活動を続けたら、暮らせない




 

これまで生きてきて、こんなに世論が二極化している状態に、私は遭遇したことはありません。


私は基本的に瞬時に「自分の意見」を持てません。

咄嗟に「尾飛さんはどう思うの?」と質問されると、目が白黒してしどろもどろします。

なので、今回のようにどちらかの意見を持たないといけない状況は、非常に苦しいです。



だから、どんどん情報を得ようとしています。

国内のニュースや情報はもちろん、海外のニュースも自動翻訳で、なるべく読もうとしています。


なので、少しだけ「あ〜、そういうことになっているのか」と理解できる部分はありますが、きっとそれも全体から見たら1%にも満たないでしょう。


だって、当事者しか本当にことはわからない。


あるご夫婦の夫婦喧嘩を、近所の人が集まって、その原因を井戸端会議であれこれと妄想しても、本当のことは、その当事者のご夫婦しかわからない。



だから結局私の中では、どんなに情報を漁っても「本当の事はわからない」という結論になってしまいます。




さらにいうと、どんなに調べても、どんなに検証しても「じゃあ、尾飛ちゃんはどうするの?」に対する、本当に『答え/正解/成功』はわからない。


悲しいことに世の中には、死んで幸せな人がいます。

私も最初は信じられませんでしたが、事実そういう方もいらっしゃいます。


もちろん、健康で長生きで、最低限でも安心の暮らしがあって、仲良しの友達や家族がいる。

それが生きる上での『答え/正解/成功』と思う人もいる。


金銭的な成功のもと、豪華な暮らしをすることを人生の『答え/正解/成功』という人もいる。


そして、そうじゃない人もいる。

だから『答え/正解/成功』は人それぞれ。


そう思うと、自分の「正解」を人に押し付けることも、よくない。


つまり「その人の思う『幸せ』が訪れますように」が、ちょうど真ん中で、良い感じなのではないかなと、思ったりしています。




 

先ほども書いたように、私は基本的に自分の意思がないので、周りの風向きを感じながら生きています。

「それは、ずるい生き方」「自分の人生を生きてない」と感じる人もいると思います。


でもそうしないと、私は自分の思考や妄想に押しつぶされて、倒れます。


だからいつも、風に舞うコンビニ袋や風船みたいに、ふわふわと飛んでいながら、いろんなものを見たり聞いたりしてます。


そしてそのうちに「あ。この風が楽しそう」という『意思』がようやく生まれます。


世間でいう「最初の直感」も大事なのは理解していますが、私の場合「流れ」の中から生まれる「直感」も大事であり、それはもはや自分の意思ではなく、きっと音楽の神様が教えてくれている「メッセージ」なんだと思います。


その感覚は、作曲や作詞をしているときに、ふとアイディアが思いつく感覚にとても似ています。


「あ、そうだ」っていう感覚。



 


実はこのブログも、そうやって書いてます。


何かを書くぞ!ではなく、流れてくる言葉を、そのまま書いてます。

そうしたら、やっぱり結論が出てきました。



今回の結論

「眉間にシワを寄せないこと」



大した結論じゃなかったですね。「なんだよ!」って思った方、ごめんなさい。

でもね、本当に大事なことって、意外とありきたりでシンプルな事だったりするんですよね。私のとって、このメッセージは今とても大事でした!



悲しい戦争や争い、コロナの不安、先行きの不透明感、業界の閉塞感。。。

そう、眉間にシワが寄ることばかり!



考えてみると、そんな「怖い顔」をしてる時に、これまでいい曲は書けてない。

ということは、眉間にシワが寄っているときは、音楽の神様からのメッセージは、受け取れない時。



そう!

今こそ笑顔と笑い声! そして『歌!』




 

そこで最後に、尾飛良幸の母83歳が、コロナ禍が始まった時に作った、初オリジナル曲「笑っていこうよ」を貼っておきます。


一般人なので、顔はモザイクです。

コロナ禍でも「笑顔でのりきろう」という母の想いを、全てオンライン制作で歌にしてみました。


このブログを、最後まで読んでくださったあなたの明日が、 あなたの思う『幸せ』な日となりますように、心よりお祈りしています。

 

「笑っていこうよ」

作詞:岬ひろ子 作曲:岬ひろこ/尾飛良幸 コーラス・編曲・ミックス:尾飛良幸


笑うことなんか できないよ

笑うことなんか 何もないよ


つらいことばかり 笑えないけど アッハハー

さみしいことばかり 笑えないけど ワッハハー

お金がないよ 笑えないけど ウァッハハー


お医者さんが言ってたよ 

笑うことはよく効く薬

母さんが言ってたよ

笑う門には福が来る


コロナウィルス消えていけ

コロナウィルス消えていけ

アッハハー

ワッハハー

ウァッハハー



 

<あなたも自分の思いを歌にしてみませんか?> 〜才能よりも「伝いたい想い」が「感動する歌」を生みだすんだ〜


 

<30年の音楽指導から生まれた「尾飛メソッド」の全てを知れる20種類WS開催中>




閲覧数:179回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page