top of page

【実務編】「パン屋さん」で考える『音楽でお金を稼いで生きていく』

先日のブログでは「音楽でお金を稼いで生きていく」について、実店舗の「パン屋さん」を例えにして、いろいろ考えてみたわけですが、あれからまたさらにその続きを考えてました。


今回は、実際の実務として「どうやって動けば良いか」と言うことを、考えてみたいと思います。



 

先日ブログに書いたみたいに、オンラインを使えば、非常にいろんなことができるのは、事実です。

実店舗でやっていたことを、オンラインに置き換えていけば、自分の家にいながらも、自分の音楽をたくさんの方に、聴いていただけたり、CDやチケットを買ってもらえるようになりますね。


では「なぜ音楽家は、それをやらないか?」


例えばパン屋さんで言うと「パンの職人さん」は「より良い、おいしいパン」が作れるように、パン工場にずっと入りっぱなしで、朝から晩までパンを作ってますよね。


音楽家も、実際のところ朝から晩まで、ずっと音楽を作ってます。


人から依頼があった音楽や、自分のオリジナル曲、コンサートやイベントに出演する場合は、歌の練習をしないといけないしね。

「コンサートを作る」と言う意味でも『ものづくり』と言うことには変わりない、と私は思ってます。


歌の練習をする時も、外に出て人と交流はできず、ずっと「作品を作っている」と言う感じになります。


そう考えると、前回のブログで書いたような、例えば

「チラシを作ったり」「試食用のパンをお店の前に出て『おいしいパンがありますよ!試食してみませんか?』と声をかけたり」あるいは「新商品のパンをお店の店内においしそうに飾り付けをしたり」と言うことを、実際パンを作ってる職人さんができるかと言ったら、やっぱりそれはできないと思います。


もしそんな時間があるなら、どうやったらよりおいしいパンができるか、どうやったらお客さんが喜んでいただけるパンが作れるか、ということに全力投球したいと思うのが、ものづくりの職人魂ですよね。



 

それは、音楽も一緒です。


もし、自分の音楽を周りの人に「聞いて下さい!」と、チラシを配ったりする時間があるのであれば、その時間はやっぱり「曲作り」に集中したり「歌の練習」に集中したいと思ってしまいます。


じゃあそう考えると、やっぱり職人さんである「音楽家」は、お金を稼ぐために、一般的な商売の活動はできない、と言う話になっちゃいます。


ただ今回は「出来ませんでした」ではなく、どうやったらできるようになるか、って言うことを、考えていきたと思ってます。


 


例えば、こういうお店ありますよね。

パンの職人さんが、パンを作ってるところを、お客さんが見れるように、ガラス張りになってて、職人さんが動いてるのが見える。

パンが出来上がってくる工程が見える。

そして、そのパンを作っている「良い匂い」が、外にもしてくる。

自分が今「どのパンがいいかな」って考えたときに、外から見て確認ができる。


見た目でも楽しめるし、匂いも楽しめる。


で、ときにはそのパンの作ってる過程が、どういう過程なのかが、きちんと表示されている。

なんて言うふうになると、工場見学のように、とても楽しいですよね。


これは、路面店でも同じだと思います。


よく駅前のおいしいお菓子屋さんが、いい香りをさせてお菓子を販売してたりとか、鰻屋さんの換気扇の外を通ると、すごいいい匂いがするとかね。


ああ言ったのも同じですよね。


そういうやり方であれば、職人さんがわざわざチラシを配らなくても、作業してることそのものが、広告になったり、チラシになったり、あるいは試食の代わりになりますね。


例えば、そのパンを作ってるとこのガラスに小窓がついてて、今出来上がったパンをひときれちぎって、見てる人に「これ食べてね!」てパッと渡す。

そうすれば、1人で試食のオペレーションできる可能性が出てきますね。


あと、お店に商品を並べるのも、事前に商品が出来上がったら出す場所をしっかり準備しておいて、出来上がったらパンをさっとショーケースに並べただけで、もう飾り付けが出来上がってしまう。

そんな風に飾り付けができている場所を、最初から準備をしておく。


そんなやり方なら、1人でオペレーションできる可能性が出てきますよね。


他にも、お会計も今は電子決済できますから「ピッ」と電子決済をお客さんがしてくれると、その時に合わせてチラシも届く、みたいなことが、全部システムとして作ってあれば、1人のオペレーションは可能じゃないかなと思ったんですよ。




 

これまで、そういった仕組みを考えるってこと自体、音楽家は考えたことがないと思います。


なぜなら、やっぱり「作品作り」に時間作りたいので、こういった「1人オペレーションするための仕組み」を考えること自体も、「そんな時間があるんだったら、練習したい!作品作りしたい!」って思っちゃいますよね。


だけどやっぱり、1人で集中して歌の練習したり、作品作りをしながらも、ちゃんと商品が売れていくオートメーション化しておけば、ちゃんと収益化もできて、お金の心配もしないで、さらに作品作りに集中できると言うことになります。


だからやっぱりこの「ワンオペで収益化できるシステム構築」をする時間を、ちゃんと作った方がいいんですね。


やっぱりね、今私もこのブログ書きながら「やっぱりそうだなぁ~」って自分でも思ってます。

実店舗でいう「チラシ」は、デジタル上では「ブログ」とか「メルマガ」「写真関係のSNS」ですよね。


あと販売する時の「レジ」は「販売ショッピングサイト」ですよね。

そこももう、お客様自身に操作してもらいましょう。

今、スーパーも「セルフレジ」だったりしますよね。

あの電車の「改札」も、昔あそこに駅員さんがいて、切符切ってた仕事があったなんて、若い子は想像できないいんじゃないですから。


いずれにしても、やっぱり「決済」は完全自動化にした方がいいですね。

その時決済の時に、自動的に何かお知らせが届く、みたいなことも考えてみたらいいですね。


 

色々書きましたが、やはり「音楽でお金を稼いで生きていく」というのは、これまで自分のやってきていることを崩さずに、他の「PR業務」「決済業務」等々をどうやってオートメーション化していけるかと言うことを、よくよく考えていくことで、構築していくと言うことだと思います。


私も、自分が音楽制作したりレッスンしてる様子を「ライブ配信」してますが、あのライブ配信もいってみれば、先程の「パン屋さん」と同じで、外側から音を作ってるところが見れるわけです。


ここで大事なのは、「ただ見れてる」だけだったらば『購買』にはつながらないですから、どうやったら、よりそこで「試食のパン」が出せるとか、あるいはその「試食パン」を食べた人が、すぐに『あっ!このパン買いたいな』って思って買える環境作りがしてあるか、って言うことを、私もまたもう一度子よく考えてみなければ、と思いました。


 

こうやって、ブログを書きながら、私自身も自分の考えをまとめている、と言うことでございます.。

なおこのブログも、私にとっては大切なチラシみたいなものですから、このチラシの下のところに「お知らせ」のせておきます!


ぜひ皆さん、ご興味あるリンクを覗いてみてくださいね。

いつも応援ありがとうございます!


<体験ボイトレ受付中>



<来週の尾飛ワークショップ>





<尾飛良幸のオリジナル曲が全て聴けるボックスアルバム販売中>





閲覧数:55回6件のコメント
bottom of page