top of page

縁がなかった

この話はあまりしてないんですが、実は昔、大きな借金を背負ってしまったことがありました。


私のことをよく知る人たちが心配して「何があったのか、詳しい事情を教えてくれ」と言うことで、お話ししたことが何度かありますが、皆さん「それはひどい話だ!」「法律的に、訴えたほうが良いのではないか!」と言う言葉もいただきました。




でもね、私はその時みなさんにそう言ってもらって初めて「私は、そんなにひどいことをされていたのか」と言うことに気づきました。


実は私は、そのぐらい呑気で、世間知らずな人なんですw


確かに、その時起こった出来事は、最終的に信頼した人たちに利用されていた、と言うことになってたんだなぁと、今となっては気づくことができます。


 

でも、 その人たちに助けてもらったことも、とても多かったのも事実です。


・自分の最大の改善ポイントは何か。

・音楽の本質とは何か。

・歌を歌うとは何か。

・人の心とは何か。

・アーティストの本質は何か。

・イベントはどうやって作るのか。

・夢はどうやって叶うのか。

・人に寄り添うとはどういうことか。

・教えるとはどう言う事なのか。

・ステージに立つときの心得は何か。


本当に、たくさんの事を教えていただきました。


なので私は「裏切られた!」と言うよりも「あんなに助けてもらって、とても感謝してるなぁ」と言う気持ちの方が、今でも大きいのは確かです。


なので普通なら、怒るであろう場面だと思うのですが『縁がなかった』と思っています。


 

人との絆やつながりは、『怒り』で記憶を残すより、縁がなかったなぁ、位に収めておいた方が、自分の体や心にもストレスをかけないのかもしれないなと、思ったりしています。

自分に嘘をついてくる人がいたとしても「嘘つきやがって!このやろう!」と言うより「嘘をつくしか、他にできなかったと考えると、かわいそうな人だなぁ」と思ってしまうところが、私はあるので、まぁ要するに、お人好しなんですw


まぁ、そんなお人好しな私ですが、山あり谷ありの人生で、何とか今日も自分の大好きな人たちに囲まれながら、ニコニコと楽しく仕事ができていることに、感謝しています。




皆さんにとっても楽しい1日になりますように。


<お知らせ> 8月08日 20:30 尾飛良幸オンライLive ぜひきてくださいね!


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自己虐待と自分の価値

ここ最近、自己虐待と自分の価値について、感じたりお話ししたりすることがあり、自分の考えをまとめておこうと思います。 歌の練習をしていると、自分の声の出なさ加減にほとほと嫌気がさして「なんでいい声が出て歌が上手に歌える体じゃないんだろう」と自分に憤りを感じることが多々あります...

Comentários


bottom of page