top of page

ミャンマー革命の歌【အလိုမရှိ 「アロゥマシィ」】日本語バージョン完成!




2011年「東日本大震災」の際、私は復興応援ソング「名もない絆」をネットに公開し、被災地の方々へ「歌での応援活動」を行いました。 その際、真っ先に反応をしてくださったのが、日本に住むミャンマーの方々でした。

みなさんで「名もない絆」を一緒に歌い、被災地のみなさんへたくさんのエールをおくってくださいました。

今でも、とても感謝しています。



この時に中心になって動いてくれたのが、のちに尾飛のボイトレにも通ってくださった「Yi Mon」さん。(上記写真、前列左から2番目の女の子)


当時Yi Monさんは、NHK短波ラジオのDJをされていて、すぐに「名もない絆」の取材と、お友達と一緒に歌を歌ってくださいました。


 

現在、ミャンマーは非常に大変な状況になっており、日々この瞬間も悲しい事件が多発しています。


Yi Monさんは今、アメリカNYで仕事をしていますが、そのYi Monさんから 「祖国を応援するために、歌を完成してもらえませんか?」 と連絡をいただきました。

もちろん尾飛は、二つ返事でやらせていただく事になりました。


ミャンマーの方々は、今政府との抗争で大変な状況です。

その中で一つの「歌」が歌われています。


『အလိုမရှိ 「アロゥマシィ」』

というタイトルのこの歌は、ミャンマーのインディーズバンドが作ったそうです。

今ミャンマーのみなさんの、革命の歌になっています。


今回、尾飛はカラオケの制作と、みなさんの歌を編集し、完成品にするミックスダウンを行い、その「日本語バージョン」が完成しました。



タイトルを、自動翻訳すると

日本語:「したくないです」

英語:「I do not want to」

となります。


歌詞はこちらになりますので、どうかこのページのトップの動画を聴きながらご覧ください。

 

「အလိုမရှိ」

တစ်ယောက်တည်း ခံစားနေရမယ် Will be suffering all alone 独りで苦しむ

အမေ့သားတွေ သမီးတွေလက်တွေပြ お母さんの娘や息子よ、手をあげましょう Raise your hands, Mother’s sons and daughters. (Mother = Aung San Suu Kyi…we call her Mother or Mother Su)

ပုခုံးပေါ်ထမ်းတင်ထားတဲ့ အမေ့စကားတွေ နားထဲကြားနေရ... (僕らの責任として)肩に乗せてるお母さんの言葉が耳元で聞こえている。 We hear (your=Mother Su’s) words that we carry around on our shoulders

ဘယ်လိုပဲ အခက်အခဲ တွေရှိပါစေ どんな困難があっても No matter the difficulties

အကုန်ဖြတ်ကျော် သွားမယ့်စိတ်ကိုထား 全て乗り越えると信じ抜こう Keep the mindset that we will overcome all. တစ်ယောက်ချင်းအကုန်ဝိုင်းတွန်းကြရင်

みんなで一緒に押したら If every one of us pushed together

ပိတ်ထားတဲ့ တံခါးများပွင့်မှာပါ 閉まっているドア(複数)も開く。 The doors that were closed will open.

သစ်တစ်ပင်ကောင်းမှ ငှက်တစ်သောင်းလုံး နားလို့ရမှာ 1本のりっぱな木がないと、1万羽の鳥がとまることはできない。("1本のりっぱな木があると1万羽もの鳥がとまれる"ということわざがある。1人のいいリーダーがいると何百万人もの国民が平和に暮らすことが出来るというような意味。) Only if a tree is well, can ten thousand birds rest.

အမှန်တရားကို ရရင်ရ 真実を得なければならない we gotta get the truth.

ပြန်မရရင်အဆုံးထိသွားမှာပါ... ダメなら最後まで戦い続ける。 (And) if we didn’t, we will go until the end.

သံပုံးတွေ အရှေ့မှာချ 鍋を前に置き Lay down your metal pots in front of you.

တစ္ဆေ တယောက်လိုမောင်းထုတ်သွားမှာပါ... 悪霊を追い払うように叩く We will drive them away like we would demons.

အနိုင်ရရင် ကချင်ကမယ် 勝ったときは踊るかもしれない Maybe we will dance when we win.

အနိုင်မရခင် သွေးတွေရဲနေမှ... 勝つまでは我らの血が真っ赤でいなければならない (And) until we do, our blood better burn red.

ပိတ်ထားတဲ့ နားတွေက ふさがれた耳は Ears that were shut

အကုန်လုံး အော်ပြောမှကြားမှာပါ... みんなで叫ばないと聞こえないんだ。 Can only hear when everyone shouts together.

Cho: အာဏာရှင် မောင်းထုတ်ကြမယ် အလိုမရှိ အလိုမရှိ 独裁者を追い出そう!要らない!要らない! Let’s drive away the dictator. (We) don’t want him/them. (We) don’t want him/them.

ပြည်သူတွေကန့်ကွက်ကြမယ် အလိုမရှိ အလိုမရှိ 国民よ、みんなで抗議しよう!要らない!要らない! People, let’s protest. (We) don’t want him/them. (We) don’t want him/them.

သံပုံးတွေ တို့အတူတီး အမှန်တရားအတွက် ရဲရင့်ဖို့လိုပြီ 一緒に鍋を叩き、今は真実のために勇敢になる時だ。 Banging our metal pots together, we need to be brave in pursuit of truth.

အာဏာရှင် မောင်းထုတ်ကြမယ် အလိုမရှိ အလိုမရှိ 独裁者を追い出そう!要らない!要らない! Let’s drive away the dictator. (We) don’t want him/them. (We) don’t want him/them.

ပြည်သူတွေကန့်ကွက်ကြမယ် အလိုမရှိ အလိုမရှိ 国民よ、みんなで抗議しよう!要らない!要らない! People, let’s protest. (We) don’t want him/them. (We) don’t want him/them.

ဆန္ဒဖော်ထုတ်ကြမယ် အမှန်တရားဘက်မှာ ငါတို့ရပ်တည်ပြီ 私たちの願望を表そう。真実のある方に立つ。 Let’s demonstrate (our desire). On the side of truth, we stand. x2

ဒီမိုကရေစီရရှိရေး ဒို့အရေး ဒို့အရေးx2 To get democracy. Our duty! our duty! x2 民主主義の獲得!我らの責任!我らの責任!

(သပိတ် သပိတ် မှောက် မှောက်)x2Alms bowl x2. Turn it down x2 ストライキ、打とう!打とう!

(ရုံးမတက်နဲ့ ရုန်းထွက်)x2Don’t go to work x2 Get yourself out x2 (公務員たち)仕事に行くな! 抜け出せ! 抜け出せ!

(အရေးတော်ပုံ အောင်ရမည်)x3Revolution x3 Prevail x3 革命、成功させる! 革命、成功させる! 革命、成功する!

 

この動画の詳細は、こちらのページに紹介されていますので、ご覧ください。


 

အလိုမရှိ 「アロゥマシィ」の日本語バージョンが出来ました。


カラオケ制作、ミックシングと歌だけではなく募金活動までしてくれた

尾飛さん、歌詞を書いて歌にも参加してくれたKevinさん、一緒に歌ってくれたSho、YukiとAh Tu、それからビデオメッセージを送ってくれた「日本・ミャンマー友好協会」会長藤縄様をはじめ、ご協力頂いたみなさんに、心から感謝しています。


これからもミャンマーのこと応援よろしくお願い致します。

 

世界は、私が思っているよりも、早くそしてダイナミックに日々変化しています。

その動きは、ここ数百年、経験がないことのようです。


さまざまな動きの中で、流されるべきでない「血」や「涙」が流れています。


音楽が、その心を少しでも癒すことができるならば、私たち音楽家は積極的に参加すべきではないかと思っています。


世界の人々が、幸せでいれますように。

心から祈っております。


Yi Monさん、ファイト!



閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page