top of page

誰も奪えない『  』


先週の金曜日、zoomでの新年会に参加させていただきました。

その会は、私の人生でこんなにも「心からの祝福」を頂いた事はない、素晴らしい会だったんです。


涙無くしての参加はあり得ない「愛ある」ものでした。



この新年会は、音声SNS「クラブハウス」で毎日配信しているルーム「ゆりかごの歌クラブ」の皆さんとの会です。



そう書くと、「あ~、尾飛さんがまた、そういう会を企画したのね」と思う方も、いるかもしれません。

基本的に、いつも開催する側ですからね。


でも今回は、みなさんから「来てもらえれば、あとは何もしないで大丈夫ですよ」と、驚きの「参加者」としてのお役目を頂きました。


本当に何もしなくて良いのかなあと、申し訳ない気持ちでソワソワと当日を迎えたわけです。


 

普段の生活内では「条件付き」での祝福は、普通にあると思います。

『昇進おめでとう』

『進学おめでとう』

『ご結婚おめでとう』

という感じで。


でも、家族以外の他の方から『自分の存在そのもの』を『無条件』に本気で祝福してもらう経験って、今の時代では滅多にないと思います。


それをしてくださったのが、今回の新年会だったんです。


本当に、ありがとうございました。


具体的に、何か特別なことがあったわけではないんです。

乾杯して、みんなで歌って、朗読があったり。

でもそれがよかったんです。


みなさんから頂いた言葉は、

「ありがとう」

「大好き」

「愛してる」

そして全て「前提条件なし」です。


人生であんなに嬉しい「祝福の言葉」を、たくさんかけて頂いたのは、おそらく生まれた瞬間以来なのではないでしょうか。


ちなみに、「じゃあ、今後もそういった『祝福の言葉を掛け合う会』みたいのをやれば良いじゃないか!」というと、それは全然違います。


なぜって「何か意図してるから」

それだとどこかに「条件」が発生してしまいます。


今回の凄かったのは、全てにおいて「自然」だったから。


 

私にとって、このコロナの2年間で、目に見える「もの」は、本当に無くなってしまいました。


でも今回の会で、目に見える「もの」ではない「自分の精神の周りを、ボワンボワンと、支えたり包んだり背中を押してくれる『  』」を、確実に頂いたんですね。


それは『たとえ社会が私から全ての「もの」を奪っても、私には決して誰からも「奪うことができない『  』がある』という実感になりました。


もしかしたら「尾飛さん、そういうのは「◯◯」って言うんですよ」と、教えてくださる方も、いるかも知れません。


でも、ちょっと違うんです。


名前がついた時点で、私的には「モノ(カテゴリ)化」されてしまう感じがするんです。

私にとっては、『  』は、目にも見えないし、名称をつけることもできないんです。


そしてこの『  』を新年会で頂いたことは、人生の大きな転機だったと思うんです。


なぜならば、この『  』は、どんな人でも、権力でも、なんだかわからない亡霊みたいなものでも、私たちから奪うことは絶対にできないから。



そしてさらに、

「ここでめげるわけにはいかない。ここで負けるわけにはいかない。」

と言う、ここ最近の私の思いは

「ここでめげない理由がある。ここで負けない理由がある。私には『  』がある」

と言う思いに、激変しました。



 


時代が、大きく変わってきていることは、もう誰の目にも明らかだと思います。

どんな時代の流れになろうと、もう私たちは誰にも奪えない「モノ」ではない大きな価値ある『  』があるから、大丈夫。

諦めるのは、まだ早い。 最後だと思っても、それはきっと最後じゃない。

そう。 私たちには。誰にも邪魔されない「愛ある未来がある」

もう、私にとってのこの今の時代は「苦しい時代」ではなくなりました。

強いて言うなら、コロナのために、いつもとは違う事を、色々やらないといけないと言う「ちょっと手間が多いなと言う時代」かな。


それ以上に、今開き始めている新しい時代の扉を、一緒に笑いながらくぐることができる仲間がいる。

それだけでもう「苦しい時代」ではなく「なんかいい感じだよね!と言う時代」だなって感じています。


素晴らしい機会を与えてくれた、全ての方々へ心から

どうもありがとう。いつも大好き!愛してますよ〜。



明日も、そしてこの先も私の大切な人たちが、軽やかな笑顔と豊かな健康と、幸せな時が続きますように、お祈りしています。




3月5日尾飛&藤野ライブチケットはこちら





閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page