間違えた「肺」と「肋骨」の位置

歌のレッスンをしていると、時々生徒さんと話が食い違うことがあります。

その場合、その生徒さんが思っている体のイメージと、実際の体の作りが違うことがよくあります。


今日は2つ紹介しますね。


【肋骨は体の真ん中にある?】


私もかつてはそうでしたが、多くの方が、図の左のように

「肋骨は、体の真ん中にある」と思っているようです。

場合によっては、肋骨のど真ん中に背骨が貫通している、と思っている人もいます。

(まるで串カツみたいにね)


人間はかつて、魚だったとか。

魚の肋骨は、背骨の前にありますよね。


頭の下には「首」があり、その下には「背骨」

そしてその下に「骨盤」さらに「膝」「足首」とつながります。


これは魚と同じわけで、背骨が体の中心と考えると、肋骨は体の前側にあります。

イメージとしては、ランドセルを前に抱えているような感じでしょうか。


この「肋骨」の位置のイメージが違うだけで、正しい姿勢ができなくなることが多々あります。

特に「首を背骨の上に乗せましょう」という部分で

「頭が後ろに落ちてしまうほど後ろに下げる」と感じるのは、そのせいだと思います。




【肺ってそんなに小さいかな?】


次に肺の大きさですね。

・男性:4L〜4.5L

・女性:3〜4L

と言われていますが、ペットボトルで想像して見れば、自分の体に結構大きなものが入っているイメージができると思います。


でもね「肺はどこにあるか、書いてみましょう〜」と、生徒さんに書いてもらうと、図の「黒」のように書く方、意外と多いんです。



特に横から見た図は、間違えている方多いですね。

「肺がこんなに前にある場合、この後ろには何があるの?」

とちょっと意地悪な質問をすると

「脂肪?」

「背骨?」

「内臓?」

と、とても笑える答えをいただけますw


でも実際は、赤い線で分かるように、とても大きんですよ。

だって、女性でも4Lですから。

しかも、背中の下の方までありますよね。


よくボイトレで先生が「背中の下の方が膨らむように、吸いましょう」と指導することがありますが、なぜそこが膨らむのかわからない方、多いと思います。


なぜならそこに「肺」はなく、「巨大な脂肪のかたまり」や「体の半分以上を占める、極太な背骨」があると思っているからw


よく「肺活量が小さいから、歌っているとすぐ息切れしちゃうんです」という相談を受けることがありますが、それは勘違いです。


なぜなら「肺」はこんなに大きいですから!



【まとめ】


歌や声は、体という楽器を使って奏でられますね。

自分の持っている楽器を、きちんと理解できればできるほど、

その優れた性能を十分に引き出すことができますよ。


歌の練習をすることは、「自分の体の取扱説明書」を作っていくようなものです。

そして自分の体を知れば知るほど、結構愛らしくて可愛い存在だということに気づいていきます。


自分の体だから、一番わかっているようで、実は一番未知なものが「自分の体」なんですね。






© 2020  株式会社Diamond Music Tour