ゆるカラ部遠藤さんチーム_ノドを開けよう!

昨日は恒例にゆるカラ部で「遠藤さんチーム」の会でした^^

http://yurukara.com

今回も、モンチカ先生がサポートに入って下さり、非常に大盛り上がりw

初参加のお二人も、楽しんで頂けたようで良かったです。

それにしても、モンチカ先生が今回教えてくれた、「舌の脱力」の練習は凄い効果でしたねえ。 いかに普段私達が「舌」に無意識に力をいれて生活しているかが、はっきりわかるものになりました。

声がせっかく口元までよい音できているのに、出口のところで「舌」に邪魔されている、っていうケースは、実は非常に多いんですよ。

下の写真は、下が盛り上がって、声(空気)の通り道が非常にせまくなってしまっている時のノドの写真です。

こうなっている人、結構多いですよ。一度鏡で確認してみて下さいね^^

では、どんなノドが理想的なというと、下に写真の感じです^^

ノドの奥がしっかり開いて、大きく通り道が確保されているのがわかりますね。

いかがでしょうか?

声をお仕事にされている方は、自分の声の通り道を一度確認してみると、意外な発見があるかも知れませんよ^^

昨日のモンチカ先生の練習は、この効果がてきめんで、皆さん見違える声になってましたね^^

御参加下さった皆様、どうもありがとうございました。

***************

<PR> ゆるカラ部では、カラオケを通じて一緒に楽しく活動をしてくれる「リーダー」と「ボーカルトレーナー」を募集しています。 ご興味ある方は、下記サイトからご連絡くださいね^_^

ゆるカラ部リーダー、ボーカルトレーナーの詳細

#代表者ブログ

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

自己虐待と自分の価値

ここ最近、自己虐待と自分の価値について、感じたりお話ししたりすることがあり、自分の考えをまとめておこうと思います。 歌の練習をしていると、自分の声の出なさ加減にほとほと嫌気がさして「なんでいい声が出て歌が上手に歌える体じゃないんだろう」と自分に憤りを感じることが多々あります。 今、問題となっている虐待は世の中にたくさんあります。それはとても悲しい現状です。 しかし、そうして表に出てくるものは「取り

<メルマガ購読をご希望の方は下記フォームからお申し込みください>

© 2020  株式会社Diamond Music Tour