ゆるカラ部新チーム

某大手PR関係の皆さんと、ゆるカラ部でした^_^

やはり、時の最先端を行く皆さんだけに、感性が鋭く応用力が高い!

選曲一つも、自分のブランド力を考えたりw

お仕事柄「物事は常に変化していくもの」という事を日々感じていらっしゃるのか、自分自身の声がドンドン変わっていくのにも、全然抵抗感なく、むしろ楽しんで下さったようです。

ご参加下さいまして、どうもありがとうございました!

***********

よく歌の練習をしていく中で、障害になるのがこの「変化する」という事なんです。

つまり、いままでとは違う状態に「チャレンジする」「体験する」「対応する」事ができるか、という事。

自分や、周りの「変化」に正々堂々向き合えるか、それがとても大事なんです。

自分の老い、衰えや、予期せぬ環境の変化など、日々の生活は思わぬ物事の変化の連続です。

それらに「見て見ぬ振り」をするか「事実として受け入れる」かどうか、それにより、心の負担が大きく変わります。

私はこれまでの経験で、「変化に柔軟に対応する」ほうが、良い結果が多いと感じてます。

歌の練習で「技術力」が向上すると、びっくりするくらい、声が楽にしっかり出るようになります。

でもその変化に対応できない生徒さんは、しばらくすると、また元の状態に戻ってしまうんです。

大概の場合「自分らしさがなくなった」「昔の方がいいって言われた」という、『反発心』がそうさせているようです。

本当は、その先に次の自分がいるのに、、、と思うのですが。。

いずれにせよ、どんなに「このままがいい」と思っても、時は流れ、物事は変わっていきます。

そんな日々のサプライズを楽しめたら良いですね^_^

***************

<PR>

ゆるカラ部では、カラオケを通じて一緒に楽しく活動をしてくれる「リーダー」と「ボーカルトレーナー」を募集しています。

ご興味ある方は、下記サイトからご連絡くださいね^_^

ゆるカラ部リーダー、ボーカルトレーナーの詳細

#代表者ブログ

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

自己虐待と自分の価値

ここ最近、自己虐待と自分の価値について、感じたりお話ししたりすることがあり、自分の考えをまとめておこうと思います。 歌の練習をしていると、自分の声の出なさ加減にほとほと嫌気がさして「なんでいい声が出て歌が上手に歌える体じゃないんだろう」と自分に憤りを感じることが多々あります。 今、問題となっている虐待は世の中にたくさんあります。それはとても悲しい現状です。 しかし、そうして表に出てくるものは「取り

<メルマガ購読をご希望の方は下記フォームからお申し込みください>

© 2020  株式会社Diamond Music Tour